過去問は解かずに読みましょう

初学者・中級者含め、過去問を正々堂々と1問1問解いていては、膨大な時間がかかります。
しかも、次へ次へと解き進めるうちに、前の問題を忘れてしまい、支離滅裂に陥るかもしれません。
なので、過去問は問題を読んだらすぐ答えを見る。これを何回も繰り返す。(真面目に約10回もすれば頭に入っていると思います。)
過去問は、解かずに、試験の傾向・重要論点・時間配分に意識して勉強を進めていくのが良いと思います。
ここからは余談ですが、「よし!過去問集解き終わった!!」と言っても、頭に入っていなければ何の意味もなく、自己満足に終わるだけです。過去問は、雑誌を読むように進めていけば、繰り返す上でも負担にならないと思います。

即効的勉強法メニュー

司法書士試験概要
通信講座と通学講座の違い(メリット・デメリット)
司法書士試験と司法試験の関連性と違い
一般の司法書士試験ブログを活用する
本試験直前期の過ごし方
■過去問は解かずに読みましょう

このページの先頭へ↑

ロゴ

    MENU

     PR

サスペンスドラマ