本試験直前期の過ごし方

平成24年度の本試験は、既に終了しましたが、直前期の過ごし方について述べていきます。

試験直前期は、自分の得意なところだけを学習する。

力を入れすぎて、脳を疲れさせない。

生活習慣を整え、試験日に力を出せるようにする。

今までに、つまずいた所を見返す。

上記の中から最も大事なのが、今までに、つまずいたところを見返すことです。
なぜなら、試験直前期になると、大抵の人は焦ります。もっと情報を得ようと、参考書を読み漁ろうとするかもしれません。
しかし、この行動は大いに間違いであります。
つまり、今まで地道に頭に詰め込んできた情報が、直前期に新しい情報を詰め込むことで、ど忘れ状態を招くかもしれません。
なので、試験直前期には自分のつまずきを復習する、もしくは得意なところを見返すぐらいで十分です。
とにかく、直前期に苦手な分野(全く手をつけたことがない所)に手を出すと焦燥感が増しますので、ご注意下さい。(ど忘れを招くかも)

即効的勉強法メニュー

司法書士試験概要
通信講座と通学講座の違い(メリット・デメリット)
司法書士試験と司法試験の関連性と違い
一般の司法書士試験ブログを活用する
■本試験直前期の過ごし方
過去問は解かずに読みましょう

このページの先頭へ↑

ロゴ

    MENU

     PR

サスペンスドラマ